ご心配をおかけしました

みなさま いかがお過ごしでしょうか。

金曜日の地震から もう4日。
ブログも放置したまま たくさんの方々に 「大丈夫!?」のメールをいただいておりました。

心配してもらって、連絡してもらって、本当にありがたかったし 嬉しかったです。
とりあえず 家族は全員元気でーす! ほぼ通常の暮らしが出来てます。

震災の渦中にいて 情報が遮断されてしまうと、置かれた状況ってわからないもので ・・・
遠くに住んでいるお友達が 報道されてる被害の凄さをメールで教えてくれたり
長女がアメリカから この地域の情報をネットで詳しく調べて知らせてくれたり
外からたくさんの方々の温かさを感じることができました。 感謝☆です。


すでに近況報告が出来たお友達もいますが
直後の連絡で 「無事だよ!」の一報だけになってしまってるお友達もいるので
この場を借りて ちょっとだけ我が家の様子を・・・。



地震の起きた日は 次女と一緒に 自宅からかなり離れた 阿見のアウトレットにいました。
揺れに遭遇して、これはけっこう大きな地震なんじゃないかと感じた時
二人が真っ先に思ったのは 「チャッピー!!!!!」

足腰も弱って 目も見えなくなってきている老犬が 家でお留守番中だったんです。

周りの買い物客がまだざわついて 立ちつくしている中
次女と二人 すごい速さで駐車場に向かい、いち早く車を発進させました。

高速道路は閉鎖されてたので、余震の度に停車したりしながら 一般道をひたすら北へ。
途中で オット をピックアップして、大渋滞の中 帰宅するのに 7時間!

夜の十時に自宅に着いて、半分覚悟もしながら玄関のドアを開けて・・・
そしたら、真っ暗な玄関の奥から トコトコと出ててきました!ウチのコ!!

別に怯えてる感じでもなく、ごくフツーに「あ、お帰り~♪」って。。。。。

全ての室内は家具や食器が散乱して、足の踏み場もない状態でしたが
普段リビングにいるはずのチャッピーが、地震の時に 何故か玄関にいたらしく
地震の揺れでなのか、何故かその時 玄関に面した部屋のドアが閉まったらしく
家の中で唯一落下物のない安全な空間が出来て そこに 7時間 いてくれました。

あの日 偶然娘と一緒に外出していたこと、帰宅途中で オットと合流できたこと、
そして余震が続く中で 唯一安全な場所となった空間に チャッピー がいたこと、
我が家にとって いくつもの幸運が重なったことは "奇跡的" と思いました。

私達にとって、自宅に戻って チャッピーの無事を確認するまでが緊張のピークだったので
地震に怯える様子もなく寝ているチャッピーの姿を見ただけでもう安堵☆

室内がスゴイことになっていても、繰り返す余震で ぐぅ~らぐら 部屋が揺れていても、
停電で真っ暗でも、全く気にせずにいられました。 ・・・オットはちょいと焦ってたけど(笑)

倒れた家具を起こして、割れた食器の破片を片付けて・・・
翌日午後には このマンションの電気も水道も回復してくれたので
地震発生の24時間後には 温かい飲み物で ほっと一息。。。
室内でも靴を履いたままで歩き回る という "洋風生活" も 半日で終了。



家電の中でたったひとつ、テレビが壊れちゃったので 被災地の映像を直接見ることもなく・・・
昨日テレビをGETして 改めて映像で今回の被害の悲惨さを感じているところです。

ウチは家具や壁や床に傷がたくさん出来てしまい、食器棚がすっかりさみしくなって、
開かなくなった洗面所のドアが 破壊されて取り去られた状況ですが
電気も水道も普通に使えて 現在家の中では 大きな不便はありません。

地震の当日に急いで買い求めてみたペットボトルの飲料水も 使う必要がないままだったので
今日、次女が 近所にある市役所に届けたいと言って 持って行きました。
どこかで 何かの お役に立てていれば幸いです・・・。



今回の地震後、私達のことを案じてくださった方々には 大変ご心配をおかけしました。
こんな感じで、さまざまな幸運に恵まれて 家族全員が無事に暮らしております。
ありがとうございました。 
まずは ご報告まで・・・

[PR]
by chapshop | 2011-03-15 17:41 | 日々のこと | Comments(0)
<< こもってました。。。 ちょっとお知らせ -お友達の活動- >>