Which will be chosen ?

f0210750_13594872.jpg
今月初めの頃にご相談を受けていたファブリックパネルの件での 覚え書き。
生地の下にキルト綿を敷くご提案をさせていただいたので、そのイメージ試作を・・・


私が 普段の製作時に使い分けているキルト綿の種類は
2㎜厚の超極薄と、4㎜厚の薄手片面接着と、7㎜厚の片面接着の、三種類。

この三種類それぞれを使ったもの+キルト綿無しのもの、合計4種に
折り代の始末の仕方を2パターン作った見本品を お渡ししてみました。
違いがわかりやすいように、一部をオープンにしたままにしてあります。


本番では ご依頼主さんがこよなく愛するブランドの お気に入り生地を使う予定☆
急ぎではないとのことなので、話が進むのは 来年になってからのことかと・・・。

さてさてっ。 どのタイプが選ばれることになるのでしょうか~~(^^*)
私も楽しみでーす ♪♪





[PR]
by chapshop | 2016-12-22 17:08 | 日々のこと | Comments(0)
<< 今年のオーナメントは コアラと... 16㎝ファスナーのポーチも登場。 >>